Dr.Martens(ドクターマーチン)をアレンジ。印象を変化させる3つの方法

こっしー
こっしー

こんにちは、こっしーです。
いきなりですが、これ何の靴かわかりますか?


少し分かりづらいかな。。。

実は、高校生・大学生の間で爆発的大流行した、Dr.Martens(3ホールシューズ)です。

1日に1回は履いている人を見かけます。今や、大学生の7割が持っています(偏見)

あまりに流行しすぎて履くのが億劫になっている人もいるんじゃないでしょうか?

しかし、私のマーチン、普通のマーチンと違いませんか?
少しだけアレンジを加えているためです。

少し手を加えるだけで、写真のように劇的に印象を変え他の人とは違う自分だけのDr.Martensにする方法を紹介します。

概要

Dr.Martensはイギリスのシューズブランドです。

優れた耐久性と、ドイツのエアクッションソールの技術を組み合わせ、1960年代に労働者階級に絶大な指示を得ていました。

しかし、反体制的な思想を持ち、意図的に髪の毛を剃り上げた「スキンヘッド」や、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンなどのミュージシャンらが、マーチンブーツを好んで着用するようになり、ファッションアイテムとして浸透していきました。

こうして、ドクターマーチンの名が広まっていき、日常的に使用されるアイテムとして人気を集めていきました。

特徴

続いては、ドクターマーチン(3ホールシューズ)の特徴です。

  • アクセントのイエローステッチ
  • エアークッション(革靴なのに歩きやすく疲れにくい)
  • プレーントゥ(つま先や甲に一切の装飾が施されていないシンプルなスタイル)
  • とにかく合わせやすい(×黒スキニー)


とにかく特徴的なのが、イエローステッチ。マーチンを見るとそこに目がいくくらいとにかく目立っています。

プレーントゥという特徴も流行の要因だと考えられます。
つま先や甲に装飾があるとフォーマルな印象を与えてしまい、なかなか私服に合わせるのは難しいです。

そのため、プレーントゥのドクターマーチンが、服を着る機会が多い、高大学生の間で流行したと思われます。

革靴の詳しい手入れ方法はこちらから↓

スポンサーリンク

ドクターマーチンの印象を変える3つのアレンジ

私がしているアレンジは大きく分けて3つあります。

  • イエローステッチを黒ペンで塗る
  • 靴紐を変える
  • Dr.Martensの手入れ

イエローステッチを黒ペンで塗る

『??イエローステッチを塗る??』

と思われましたよね笑

私は昨年の2月にマーチンを購入しましたが、3ヶ月でステッチを黒に塗りつぶしました


理由は、購入当時は、ステッチがアクセントでいいと思っていましたが、
服の系統が変わったことによって正直邪魔になったからです。

後悔は全くしてません。むしろ今のマーチンの方が好きです笑

マーチンの特徴であるイエローステッチを黒に塗ること、これが一番印象を大きく変えることができます。

少し抵抗があると思いますが、劇的に印象を変えたい方にはオススメします。


注意点は、水性のペンを使わないことですかね(雨で落ちちゃいます)

靴紐を変える

これ、一番オススメです。

400円くらいでガラッと印象を変えることができるます。

ドクターマーチンを買った時に付いてくる紐は、まる紐で太くて安っぽいんですよね。

しかもほどけやすい。紐に関していいところはないです

私は平紐に変えました。(平打ちうどんみたいなやつです)

平紐にすることで、まる紐よりもフォーマル度が上がり、結んだ時にフィット感が抜群に良くなるからです。

フォーマル度が高くなると私服に合わせにくくなるんじゃないの??

と考える方もいると思いますが、マーチンが丸みを帯びたプレーントゥであるかぎり私服に合います。

私が保証します。

ステッチを黒に塗ることに抵抗がある方は、まず紐を変えることをオススメします!

Dr.Martensの手入れ


個人的には一番して欲しいです。

手入れをすることで靴に愛着が湧きますし、なにより自分だけのオンリーワンの靴になります。

手入れといっても何をするのかわからない人が多いと思うので、私がしている手入れを紹介します。

  • シューキーパーを入れる
  • ツヤを出す
  • 防水スプレー


本当にざっくり書くとこの3つですね。

詳しい手入れ方法は、こちらの記事で書いています。



それぞれざっくり解説していきます。

シューキーパーを入れる

家に帰ってきてマーチンを脱いで、まずシューキーパーを入れます。

シューキーパーを入れることによって、
履きしわを伸ばして形崩れ、カビを防ぐことができるからです。

人の足は、1日に両足でコップ1杯分(約200mL)もの汗をかくため、
1日履いた靴には多くの水分が含まれています。

しかも、マーチンのソールはゴムでできているため通気性が抜群に悪いです

革は水分に弱く、すぐに型崩れをしてしまいます。

これらを防止するためにシューキーパーを入れておきます。

いざ買おうとしても、シューキーパーにもいろいろな種類があります。
プラスチックだったり、木だったり。

その中でも、オススメは木のシューキーパーです。(100均のでok)

木は水分を吸収し、湿気を早く取り除くことができますし、防臭の役割を果たします。

迷ったら、木のシューキーパーを買うことをオススメします。

【楽天スーパーSALE特設ページ】高品質 レッドシダー シューキーパー (シューツリー)高級木材 専用不織布収納袋 オリジナル外箱付きM・Lサイズ ★新品/送料無料★ BEX(ベックス)RSTS40/41・RSTS44/45

ツヤを出す

シューキーパーを入れたまま行います。
手順は、

  • ブラッシングをして細かな埃を落とす
  • リムーバーで古いクリームを落とす
  • 新しくクリームを塗る

今回はざっくり解説なのでこれくらいで。

まず、ブラッシングは、履いた後に毎回行ってください
(30秒で終わります)

出かける前にブラッシングするとなおさら◎

次にリムーバーで汚れ、古いクリームを落とします。

月に2回すればいいと思います。

リムーバーを布につけて靴の汚れを取ります。
事前に汚れを落としておくことで、クリームの効果を高めることができます。

つけすぎると逆に革を痛めてしまうことになるので気をつけてください。布がベチョベチョになっていなければ大丈夫です笑

オススメのリムーバー↓

靴磨き 汚れ落とし M.MOWBRAY モゥブレィ モウブレイ ステインリムーバー 300ml
created by Rinker
¥2,200 (2020/02/24 02:08:05時点 楽天市場調べ-詳細)

オススメのブラシ↓

【ポイント15倍(要エントリー)スーパーSALE期間】R&D (アールアンドデー)ワークブラシ+(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシM.MOWBRAY M.モゥブレィ
created by Rinker
¥880 (2020/02/23 08:45:38時点 楽天市場調べ-詳細)


最後にクリームを塗ります。

クリームは靴の色のクリームを購入してください。

クリームの塗り方ですが、私は指で、薄い膜を作るように塗っています。

塗った後に2〜3分ほど置き、キレイな布で軽くこすります。

これだけでもかなり艶がでてきて見た目が変わります。

オススメのクリーム↓

靴磨き 靴クリーム サフィール ビーズワックス ファインクリーム SAPHIR ビー ワックス シューケア 革靴 ケア 50ml 全78色(1ページ/4ページ) あす楽対応
created by Rinker
¥1,100 (2020/02/23 08:45:38時点 楽天市場調べ-詳細)

最後に仕上げをします。

防水スプレーをかける

何度も言いますが、革は水分に弱いです。

防水スプレーをかけることで、水分による革の劣化を防ぎ、
クリームのツヤを長持ちさせることもできます。

革靴に限らず、靴を買った時には、まず防水スプレーをかけることをオススメします。

まとめ

いかかでしょうか、

  • イエローステッチを黒に塗りつぶす
  • 紐を平紐に変える
  • 手入れをする


この3つをするだけで私のようなマーチンになります。(好みは人それぞれですが)

せっかく革靴を購入したのに、まっさらな状態でマーチンを履くのではなく、きちんと手入れをして、愛着を持って大切に履いて欲しいです。

手入れをすることで、革の変化も楽しむこともできますよ。



もっと詳しい手入れの方法はこちらから!!


以上!