大学生にオススメの国家資格!必ず役に立つ FPとは?

こんにちは、こっしー(@kossyblog)です。台風が去って、一気に冷え込んできましたね。私は衣替えして完全に冬モードです。

皆さん、取らないと損するかもしれない国家資格があるってご存知でしょうか?
正確に言えば、取れば得するでしょうか。

”そんなのそもそもないだろ””それが本当なら知りたいとりたい”という方に教えます。

それはファイナンシャル・プランナー(FP)です。

この国家資格の内容は、個人的に義務教育に取り入れるべきだと思ってます。
それくらい生活していく上で必要なことを学ぶことができます。

私が、この国家資格を取らないと損するかもしれないと断言するのには、しっかりとした理由があります。

年金制度・社会保険・リスクマネジメント・金融資産運用・タックスプランニングなど、生活する上で避けては通れない社会制度について学べる国家資格だからです。

『なんか学ぶこと多そうだし難しそうで時間かかりそう〜』
って思われたかもしれません。

安心してください!しっかりと勉強すればたった1ヶ月半で合格することができます。

今回は、”ファイナンシャルプランナーの試験内容”と”1ヶ月半で3級に(学科81% 実技満点)で合格した勉強方法”について話したいと思います。



スポンサーリンク

大学生にオススメする国家資格FPの試験内容とは

試験の概要

FP試験の試験範囲は、大きく分けて6つあります。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

どれも、生活する上で必要ですね。

FPの試験には1級・2級・3級があります。
初めてFPを取ろうと思っている方は3級からの受験になります。
2級からは、3級の合格実務経験などの受験資格が必要だからです。

試験の種類

試験は2つの団体が主催しており、”日本FP協会”と”金融財政事情研究会”が主催しています。
学科試験は共通の問題になりますが、実技試験の種類を選ぶことになります。

  • 日本FP協会 ”資産設計提案業務”
  • 金融財政事情研究会 ”保険顧客資産相談業務”か”個人資産相談業務”

試験内容

  • 学科試験 筆記試験(マークシート形式) ○×式・三答択一式 60問/120分
  • 実技試験 筆記試験(事例形式)60分 FP協会 20問/60分
                       金財  5問/60分

合格基準

学科試験 60点満点で36点以上
実技試験 FP協会100点満点で60点以上
     金財 50点満点で30点以上

合格ラインはどの試験も6割になります。

勉強方法

ここから私がした勉強方法を話していきたいと思います。

日本FP協会と金融財政事情研究会どっちを選ぶべき?

私は、日本FP協会を選びました。

その理由は、実技試験の過去問を見てもらうとわかるのですが、資産設計提案は問題の例が身近で読みやすいからです。
また、学科試験と問題がリンクするところが多々あるので学科試験の勉強をしっかりすれば実技試験も合格すると思ったからです。

個人的には、日本FP協会をオススメします。

参考書の選び方

試験を受けることを決めた方はまず、参考書を買いに本屋へ行ってください。

購入するのは、問題がついていない説明が多く書かれている参考書を1冊だけ購入してください。(私が購入したものは、TAC出版の”みんなが欲しかったFPの教科書”です)
試験の内容に制度が多いので必然的に解説の文字が多炒め、なるべく色のついた見やすい参考書をオススメします。

ここで注意したいのが、必ず一番新しい参考書を買ってください。古本屋へ行って古い参考書を買ってしまうと既に年金制度や税金制度が変更されている場合があるので新しい参考書を購入するようにしてください!!

勉強方法

参考書を読む


まずFPの試験内容がどのようなものなのか理解するために参考書を2日間で参考書を一気に読みます。数字は覚えようとしなくていいです。とにかく2日で一気に読んでください。

一度読んだら、次は4日程度かけて全て覚えるつもりでじっくり読んでください。

そして、もう一度2日で読んでください。この時、覚えていない数字や言葉があればチェックし、覚えなおしてください。

過去問を解く


ここまですると大体、覚えられていると思いますので学科の過去問に取りかかってください。(過去問は日本FP協会のホームページにあります)
学科ですよ!!実技にはまだ手を付けなくていいです。学科ができれば必ず実技も解けます。
試験時間はかなり長く設定されているので時間を気にして解答する必要はないです。

学科の合格ライン(60%)に届くようになったら、実技の過去問に取りかかってください。
一回で実技の合格ラインに届きます。

あとは、試験日まで過去問を繰り返すのみです!!

隙間時間を使う

あと一つ最後に紹介したい勉強方法が、隙間時間を使うことです。

私が実際に使っていた隙間時間は、電車の移動時間です。

私は、よく電車に乗るので、時間で区切ったり、勉強する駅の区間を決めていました。
ですが、電車の中でプリントや本をリュックの中から出すのは手間が掛かりなかなか勉強しないんですよね。。。

そこで私が使っていたのは、アプリです。”FP3級”と調べてもらえば、沢山アプリが出てくるの片っ端からダウンロードして無料の分だけ解きまくっていました。
問題がランダムに次々に出てくるのでテンポ良く勉強できるのでオススメです!

まとめ

  • オススメは日本FP協会
  • 参考書は必ず新しいものを
  • 参考書は一気に読んで暗記
  • 学科の勉強優先、実技は後で
  • 隙間時間を使う(アプリで勉強)

以上になります。
みなさんFP3級取得に向けて頑張ってください!!
私もFP2級取得に向けて頑張ります!