リツイートした人を全員表示させる方法【ツイポーート】

こんにちは、こっしーです🤗

先日、フォロワーが500人突破したのを記念してブログ紹介企画を実施しました。


こちらの企画、大変嬉しいことに
RT数88と拡散され、多くの方にご参加いただきました。


参加していただいた方ありがとうございました

初企画だったこともあり、せっせと順調に紹介文を書いていたのですが、、、

RT数が80を超えたあたりから

『リツイートした方が全員表示されない。。。』
『やばい、全員参加企画なのに参加者を把握できない』


めちゃ焦りました。

携帯のTwitterアプリ・pcブラウザ・TweetDeckから確認しましたがやっぱり全員表示されない。。。


そうなんです。

実は、Twitterの仕様で50人〜80人を超えたあたりから全員表示されないんですよ。

ここから、全員表示できる方法を必死に調べました。

10分少々調べてたどり着いたのがこちらのサービス

『ツイポーート/twport 』

今回はこちらの使用方法を解説していきます。

スポンサーリンク

RTした人のログを全て見ることができるツイポーートの使い方

①最初に準備してもらうのは、

・Twitterアカウント(@○○○)
・検索したいツイートに含まれるキーワード

この2つを準備してください。

twitterアカウントは、僕でいうと(@kossyblog)になります。

検索したいツイートに含まれるキーワードとは、

調べたいツイートの文中にある単語や文章のことです。

『おはようございます』『はじめまして』などのよく使っているキーワードではなく、なかなか使わないキーワードを選んでください。

僕は、今回の企画では

『フォロワー500人突破企画』
で検索しました。

②ツイポーートを開いて、右上の『ログイン』ボタンからtwitterアカウントでログインする

ついポート画面

③『ツイートの検索とレポートの新規作成』を押す

④あらかじめ用意していた、『twitterアカウント』と『キーワード』を入れる

※今回の僕の企画の場合

検索ボタンを押すとずらっとRTしてくれた人が表示されます。

もし、100件以上検索対象があると、
『100件取得しました。検索結果に続きがありそうです。』
と表示されます。

100件以上表示したい場合は、画面を下へスクロールして
『さらに古いツイートを検索』
をクリックすると表示されます。

ツイポーートの使い方は以上になります。
このサイトのおかげで無事にブログ紹介を終えることができました。

これから企画をする方、そうでない方も頭の片隅に置いておくと、
使う時がくるかもしれませんね。